【Linux】【Zabbix】 Ubuntu 18.04 への Zabbix 3.0 のセットアップ【SW】

Zabbix インストール後のセットアップ手順を記す。
ただし、Narrow Escape 様のインストーラの中でセットアップまで済ませてくれている。
 
Zabbix 記事のトップページはこちら
 

 

環境について

Zabbix サーバの IPアドレス 192.168.10.1
Zabbix フロントエンド上でのマシン名 Zabbix server
Zabbix エージェントの IPアドレス 192.168.10.2

 

Zabbix サーバの設定

Zabbix サーバ (192.168.10.1) にて以下の設定をする。

挙動に関する設定

/etc/zabbix/zabbix_server.conf
# ログファイル
LogFile=/var/log/zabbix-server/zabbix_server.log
PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_server.pid
# データベース名
DBName=zabbix
# 接続ユーザ
DBUser=zabbix
# パスワード
DBPassword=zabbix
Timeout=4
AlertScriptsPath=/etc/zabbix/alert.d/
FpingLocation=/usr/bin/fping
LogSlowQueries=3000
# 設定ファイル置き場
Include=/etc/zabbix/zabbix_server.conf.d/*.conf

 

Apache に関する設定

Zabbix サーバ (192.168.10.1) にて以下の設定をする。

/etc/apache2/conf-enabled/zabbix-frontend-php.conf
## Zabbix

<IfModule mod_alias.c>
    Alias /zabbix /usr/share/zabbix
</IfModule>

<Directory "/usr/share/zabbix">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Require all granted

    <IfModule mod_php5.c>
        php_value max_execution_time 300
        php_value memory_limit 128M
        php_value post_max_size 16M
        php_value upload_max_filesize 2M
        php_value max_input_time 300
        php_value always_populate_raw_post_data -1
        # php_value date.timezone Europe/Riga
    </IfModule>

    <IfModule mod_php7.c>
        php_value max_execution_time 300
        php_value memory_limit 128M
        php_value post_max_size 16M
        php_value upload_max_filesize 2M
        php_value max_input_time 300
        # php_value date.timezone Europe/Riga
    </IfModule>
</Directory>

<Directory ~ "^/usr/share/zabbix/(conf|app|include|local)/">
    Require all denied

    <files *.php>
        Require all denied
    </files>
</Directory>

 

Zabbix Web Frontend の設定

ブラウザによる表示をさせるための設定である。
Zabbix サーバ (192.168.10.1) にて以下の設定をする。

/etc/zabbix/zabbix.conf.php
<?php
// Zabbix GUI configuration file.
global $DB;

$DB['TYPE']     = 'MYSQL';
$DB['SERVER']   = 'localhost';
$DB['PORT']     = '0';
$DB['DATABASE'] = 'zabbix';
$DB['USER']     = 'zabbix';
$DB['PASSWORD'] = 'zabbix';

// Schema name. Used for IBM DB2 and PostgreSQL.
$DB['SCHEMA'] = '';

$ZBX_SERVER      = 'localhost';
$ZBX_SERVER_PORT = '10051';
$ZBX_SERVER_NAME = '';

$IMAGE_FORMAT_DEFAULT = IMAGE_FORMAT_PNG;
?>

 

起動条件の変更

Linux 起動時に Zabbix サーバも起動するようにする。

% sudo systemctl enable zabbix-server
% sudo systemctl start zabbix-server

 
 
 

Zabbix エージェントの設定

Zabbix エージェント (192.168.10.2) にて以下の設定をする。

挙動設定

/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid
# ログファイル
LogFile=/var/log/zabbix-agent/zabbix_agentd.log
LogFileSize=0
# Zabbix サーバのIP アドレスを指定する。
Server=192.168.10.1
ServerActive=192.168.10.1
# フロントエンドでの Zabbix サーバ名に合わせること
Hostname=Zabbix server
# /var/log/messages などを見るためには root 権限が必要になるので許可する
AllowRoot=1
Include=/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.d/*.conf

 

起動条件の変更

% sudo systemctl enable zabbix-agent 
% sudo systemctl start zabbix-agent

 
上記により zabbix-agent を起動させた後に、以下のように エージェントのログを見てエラーが出ていなければ良い。

% tail -f /var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
 16609:20181022:140313.543 IPv6 support:          YES
 16609:20181022:140313.543 TLS support:           YES
 16609:20181022:140313.543 **************************
 16609:20181022:140313.543 using configuration file: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
 16609:20181022:140313.543 agent #0 started [main process]
 16610:20181022:140313.544 agent #1 started [collector]
 16611:20181022:140313.544 agent #2 started [listener #1]
 16612:20181022:140313.544 agent #3 started [listener #2]
 16614:20181022:140313.544 agent #5 started [active checks #1]
 16613:20181022:140313.544 agent #4 started [listener #3]

 

その他

サーバのフロントエンドを日本語に変える

「Profile」をクリックして「Language」から変更する。以下は日本語変更後の画面である。
f:id:dnkrnka:20181111010242p:plain