【Zabbix】【book】 Zabbix 3.0 運用 (3) - URL監視【SW】

Ubuntu 18.04 での Zabbix 3.0 運用 (URL監視)
 
下記「サーバ/インフラエンジニア養成読本」による学習記録。
【改訂新版】 サーバ/インフラエンジニア養成読本 管理/監視編 [24時間365日稼働を支える知恵と知識が満載!] (Software Design plus)
 

 

 

URL 監視をする

 
http://localhost/index.html にアクセスして 200 応答が返って来れば正常とみなす」設定をする。
 

1. 対象ホストの「Web」を選択する

[設定] - [ホスト] より、ここでは事前に登録しておいた「ZabbixServer」の「Web」をクリックする。
f:id:dnkrnka:20181111123956p:plain:w700
 

2. [Webシナリオの作成] をクリックする

f:id:dnkrnka:20181111124211p:plain:w700
 

3. 値を入力して設定をする

ここでは次の値を設定する
シナリオタブ

項目 小項目 内容
名前  -  www
アプリケーションの作成  -  Web
更新間隔  -  300

 
ステップタブ

項目 小項目 内容
名前  -  index.html
URL  -  http://localhost/index.html
ステータスコード  -  200

 
認証タブ

項目 小項目 内容
認証  -  なし

 

各タブについての入力状況は以下の通り。 
 
シナリオタブ
f:id:dnkrnka:20181111184406p:plain:w700
 
ステップタブ
「追加」リンクを押して、下図のように入力する。
f:id:dnkrnka:20181111184632p:plain:w700
 
認証タブ
「HTTP認証」を「なし」にする。
全てのタブへの入力が完了したら、「更新」ボタンをクリックする。
f:id:dnkrnka:20181111184841p:plain:w700
 
 
「更新」ボタンをクリックした後の表示は以下のようになる。
f:id:dnkrnka:20181111185133p:plain