【Windows】【10】【setup】SSD の GPTディスクを削除して MBR として使う

増設した SSD の GPT ディスクを MBR として使用するための設定メモ

今回は、下記の Eドライブを MBR として初期化する。 
 

手順

 

ディスクのボリュームを削除する

1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動させる

 

2. diskpart を実行する
> diskpart

 

3. ディスクを確認する
> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           447 GB      0 B
  ディスク 1    オンライン           596 GB  1024 KB        *

 

4. ディスクを選択する

今回は「ディスク1」を選択する。

> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

 

5. パーティションを表示する
> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 499 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               100 MB   500 MB
  Partition 3    予約                  16 MB   600 MB
  Partition 4    プライマリ              595 GB   616 MB

 

6. 削除したいパーティションを選択する
> select partition 4

パーティション 4 が選択されました。

 

7. 削除する
> delete partition

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

 

8. 削除されたことを確認する
> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 499 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               100 MB   500 MB
  Partition 3    予約                  16 MB   600 MB

 

9. Type「予約」のパーティションを削除する
> delete partition

仮想ディスク サービス エラー:
force protected パラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できません。

 
エラーが出た場合は force protected パラメーターとして「override」を指定すれば良い。

> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 499 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               100 MB   500 MB

 
以降同じ要領でディスク2 と ディスク1 を削除する。
まずはディスク2 から。

> select partition 2

パーティション 2 が選択されました。
> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。
> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 499 MB  1024 KB

 
ディスク1 も同じ手順だが書いておく。 

> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。
> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
* Partition 1    回復                 499 MB  1024 KB
> delete partition override
DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。
> list partition

このディスクには表示するパーティションがありません。

 
削除できたことを GUI でも確認する。
f:id:dnkrnka:20180924041705p:plain:w600
 
 

MBR を作成する

1. ディスクを選択する

今回は ディスク1 に MBR を作成する。

> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           447 GB      0 B
* ディスク 1    オンライン           596 GB   596 GB        *
> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。
>

 

2. MBR ディスクを作成する
> convert mbr
> convert mbr

DiskPart は選択された ディスクを MBR フォーマットに正常に変換しました。
> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           447 GB      0 B
* ディスク 1    オンライン           596 GB   596 GB

 
以下のようになった。
f:id:dnkrnka:20180924043902p:plain:w600
 

3. ドライブを割り当てる

上図のディスク1 を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択し、全領域を E ドライブに割り当てる。
このとき、ファイルシステムは NTFS とし、クイックフォーマットを実施するよう選択している。
 
f:id:dnkrnka:20180924044124p:plain:w600
 
↓無事に E ドライブに割り当てられました。
f:id:dnkrnka:20180924045243p:plain:w600