【Linux】【Ubuntu】fcitx で日本語入力する

fcitx と mozc の組み合わせで日本語入力する
 

 

環境

  • Ubuntu 18.04 での確認
  • fcitx に切り替える前は、ibus-mozc で日本語入力をしていた

 

背景

前述の通り ibus mozc を使っていたが、以下の問題があり大変苦痛であった。

・Ubuntu 起動時に「Alt と `」キーを同時押しするが入力ソースが切り替わらず、毎回以下の操作が必要であった
 ・設定 > デバイス > キーボード > タイピング > 前の入力ソースを切り替える より、「×」を押下して登録を消す。
 ・次に「前の入力ソースを切り替える」を押下して、「Alt と ` 」キーを同時押しして登録し直す。
 ・コマンドラインから「ibus-daemon -drx」→「ibus restart」を行う

 
このような状況時に別 PC で fcitx を使ったところ、次のように快適であったため fcitx に戻す。
・上記の問題が起きない
・Ubuntu 起動後の1回目の日本語入力時に「ひらがな」を選択しなくても日本語入力ができる
 

設定手順

1. 「言語サポート」で fictx を指定する

「設定」→「地域と言語」→「インストールされている言語の管理」より。
(画面左の)「言語サポート」に進み、 fcitx を選ぶ
f:id:dnkrnka:20180519205424p:plain:w300
 

2. 入力ソースに Mozc を指定する

「設定」→「地域と言語」→「インストールされている言語の管理」より。
「入力ソース」は「日本語(Mozc)」を登録しておく
f:id:dnkrnka:20180519212416p:plain
 

3. fcitx の設定をする

3-1. fcitx 設定を起動させる
% fcitx-configtool &

 

3-2. 「入力メソッド」タブにて、日本語入力として「Mozc」を登録する。

f:id:dnkrnka:20180519211306p:plain:w300
 

3-3. 「全体の設定」タブにて、入力ソースの切り替えキーを「Alt」と「`」にする

f:id:dnkrnka:20180519211453p:plain:w300
 

4. 起動時に fcitx が有効になるように設定する

% im-config -n fcitx

 
$HOME/.xinputrc にて fcitx に切り替わっていれば OK

% cat ~/.xinputrc 
# im-config(8) generated on Sat, 19 May 2018 21:15:26 +0900
run_im fcitx
# im-config signature: d31b6dafb22a46eef9b3c158724b1107  -

 

5. ibus を削除する

ibus から fcitx に切り替えた場合は以下を行う。Ubuntu や Ubuntu 系システムの初期設定参考

% im-config -l
% sudo apt remove -y ibus-mozc
% sudo apt remove -y ibus-table
% sudo apt remove -y ibus-gtk
% sudo apt remove -y ibus-gtk3