【Linux】【Ubuntu】Ubuntu インストール後に導入するソフトウェア一覧

Ubuntu のクリーンインストール直後に導入するソフトウェア一覧
 
正直、本手順は何度もしたくないので、環境構築ができたら HDD のコピーを取っておくのが吉...

Neovim

下記を行っても良いが、非常に面倒。
従って、$HOME/.config/ を丸ごとバックアップ取っておいてそれを展開すること。
Neovim のインストール 〜 セットアップ
Neovim のプラグイン導入
 

Emacs

下記を行っても良いが、非常に面倒。
従って、$HOME/.emacs と $HOME/.emacs.d を丸ごとバックアップ取っておいてそれを展開すること。
Emacs のセットアップ
$HOME/.emacs を作成する
Emacs で gtags を使う
 

fish

下記を行っても良いが、非常に面倒。
従って、$HOME/.config/ を丸ごとバックアップ取っておいてそれを展開すること。
fish (finally shell) のセットアップ
 

$HOME/bin/ 以下へのプログラム展開

自作コマンドを作成するが、これも丸ごとバックアップを取っておいて使用すること。
自作小ツール
自作中ツール
 

ag (the_silver_searcher)

高速検索コマンド。
インストール自体は「sudo apt-get install -y silversearcher-ag」で良い。
検索無視設定はこちらを参照。
 

ripgrep

ag よりも高速らしいが、ag でしかできないこともあるので両者をインストールする。
https://github.com/x4121/ripgrep-ubuntu

apt では失敗したので、後段のビルドで行う

% sudo add-apt-repository ppa:x4121/ripgrep
% sudo apt-get update
% sudo apt-get install ripgrep

もしくは以下

% wget https://github.com/BurntSushi/ripgrep/archive/0.6.0.tar.gz
% tar xvfz 0.6.0.tar.gz

以降は README.md を見て進める。0.8.1 の場合は wget でビルド済パッケージをダウンロードしてきた。

% wget https://github.com/BurntSushi/ripgrep/releases/download/0.8.1/ripgrep-0.8.1-x86_64-unknown-linux-musl.tar.gz
% tar xvfz ripgrep-0.8.1*.tar.gz
% cp ripgrep-0.8.1-x86_64-unknown-linux-musl/rg ~/bin/.

 
man も配置する

% sudo cp doc/rg.1 /usr/share/man/man1/

 
fish + fisherman を使っていたので、以下のように ripgrep 公式設定ファイルを配置した。

% mkdir -p /home/neko/.config/fisherman/rg/functions/
% cp complete/rg.fish /home/neko/.config/fisherman/rg/functions/.
% ln -s ~/.config/fisherman/rg/functions/rg.fish ~/.config/fish/functions/../

 

fzf

bash の場合

export FZF_DEFAULT_COMMAND='ag -g ""'

fish の場合

$HOME/.config/fish/config.fish

set -x FZF_DEFAULT_COMMAND 'ag -g ""'

 

xmllint

XML パーサ。インストール実施。

% sudo apt-get install -y libxml2-utils

インストールされたことが確認できれば OK。

% xmllint --version
xmllint: using libxml version 20904
   compiled with: Threads Tree Output Push Reader Patterns Writer SAXv1 FTP HTTP DTDValid HTML Legacy C14N Catalog XPath XPointer XInclude Iconv ICU ISO8859X Unicode Regexps Automata Expr Schemas Schematron Modules Debug Zlib Lzma 

 

Google Chrome

Google Chrome 安定版のインストール。
Ubuntu 18.04 環境にて実施。

% sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb
% wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_amd64.deb
% sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb

インストールされたことを確認する

% google-chrome --version
Google Chrome 66.0.3359.181

 

Google Chrome Headless

CUI 版 Google Chrome であり、Webスクレイピングで使う。
重要な点としては、可能な限り最新版を使うこと。apt でのインストールだと旧バージョンで使用できない機能があるらしい。
事前に xmllint をインストールし、次のコマンドをコピー&ペーストすれば一発で最新版が入る(はず)。

% wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/ -O - | xmllint --format - --xpath="/ETag/Key/" | grep -i linux64 | sort -t'.' -k 1,1n -k 2,2n | sed -n '$s%<Key>\(.*\)</Key>%\1%p' | xargs -I@ wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/@ ; unzip chromedriver_linux64.zip ; chmod +x chromedriver; mkdir -p $HOME/bin/ ; cp chromedriver $HOME/bin

 
なお、上記は次の 1, 2 をまとめて行っているだけなので、確実を期すなら下記手順で行うこと。
 
1. Web ブラウザから https://chromedriver.storage.googleapis.com/ /tmp/hoge.xml にアクセスして最新バージョンを確認する。

% wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/ > /tmp/hoge.xml 

 
2. 実行ファイルをダウンロードする
Linux 64ビットの場合は以下である。

wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/2.38/chromedriver_linux64.zip
% unzip chromedriver_linux64.zip
% chmod +x chromedriver
% mkdir $HOME/bin/
% cp chromedriver $HOME/bin/.

 

XRDP

Ubuntu 16.04 の場合

Ubuntu16.04 にて、Windows10 からリモートアクセスができるようにする。
参考にしたサイトは Windows10からのRDP接続(ubuntu16.04 LTS) - Qiita であり手順は同一であった。感謝感謝。
特に、私の環境では Ubuntu 16.04 が Unity だと Windows10 からデスクトップが正しく表示されなかったため、xfce を導入した。
なお、Ubuntu Desktop を導入済みであったため、上記サイトの手順途中から実施した。以下、書き出しておく。

1. 依存パッケージのインストール

% sudo apt-get install -y build-essential devscripts git autoconf libtool pkg-config gcc g++ make libssl-dev libpam0g-dev libjpeg-dev libx11-dev libxfixes-dev libxrandr-dev flex bison libxml2-dev intltool xsltproc xutils-dev python-libxml2 g++ xutils libfuse-dev libmp3lame-dev nasm libpixman-1-dev xserver-xorg-dev

2. 最新版は 0.9.6-1 であったが、引用元で動作実績があるバージョンをインストールする

% cd $HOME
% wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/xrdp_0.9.4.orig.tar.gz
% wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/xrdp_0.9.4.orig-xorgxrdp.tar.gz

3. インストール

% tar -zxvf xrdp_0.9.4.orig.tar.gz
% tar -zxvf xrdp_0.9.4.orig-xorgxrdp.tar.gz
% cd xrdp-0.9.4
% ./bootstrap
% ./configure --enable-fuse
% make
% sudo make install
% sudo ln -s /usr/local/sbin/xrdp{,-sesman} /usr/sbin
% cd $HOME
% cd xorgxrdp-0.2.4
% ./bootstrap
% ./configure
% make
% sudo make install

4. xfce のインストール

% sudo apt-get install -y xfce4 xfce4-goodies
% echo xfce4-session > ~/.xsession

 
5. /etc/xrdp/startwm.sh の編集
リモートデスクトップによるアクセス時に xfce のみを使うようにする。

  # suse
  if [ -r /etc/X11/xdm/Xsession ]; then
    # since the following script run a user login shell,
    # do not execute the pseudo login shell scripts
    # . /etc/X11/xdm/Xsession <-コメントアウト
      xfce4-session <-追加
    exit 0
  fi

 
6. xrdp 再起動

% sudo systemctl restart xrdp
[ 引用元:https://qiita.com/hitobb/items/e97b38723304589f4f1d ]

 

Ubuntu 18.04 の場合

apt-get (apt) でインストールすれば良い。逆に上記 Ubuntu 16.04 環境用の手順だとエラーになる。
下記の手順で 0.9.5-2 がインストールされた。

% sudo apt-get install -y xrdp

 

Calibre (カリバ) - 電子書籍リーダ

言うまでもなく電子書籍リータとして有名なフリーソフト。

% sudo apt-get install calibre

 

Pinta - ペイントソフト

デフォルトで入っているペイントソフトは使い難い。そこで、ペイントソフトである Pinta をインストールする。
一般的には wikipedia:GIMP だが、Windows のペイントソフト程度の用途で良いのであれば、「Pinta」が使い易い。
操作も Windows のペイントに近く、Ctrl-n で新規ファイルが作成される点、ソフト構成が似ている。

% sudo apt-get install pinta