【Ubuntu】【setup】Ubuntu インストール後の環境設定

Ubuntu インストール後の環境設定
Ubuntu インストール後の各種セットアップ手順を書き残しておく。
対象となる Ubuntu のバージョンについては各手順中に記している。
 
正直、本手順は何度もしたくないので、環境構築ができたら HDD のコピーを取っておくのが吉...
 

 

デフォルトフォルダ名を日本語から英語に変える

  • Ubuntu 11.04、18.04 で確認済
% env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

上記を実行し、「Update Names」を選択する。
なお、対象フォルダにファイルを作成していると日本語フォルダが残ったうえで英語名のフォルダが作られる。
 
また、フォルダ名を日本語名に戻したい場合は以下のように実行すれば良い。

% xdg-user-dirs-gtk-update

 

Firefox の Alt キーによるタブ選択を無効にする

1. アドレスバーより、about:config を入力する
2. 「ui.key.menuAccessKey」の行をダブルクリックして、値を「0」にする。
3. その下の「ui.key.menuAccessKeyFocuses」の行をダブルクリックして、値を「false」にする。

[ 引用元:https://www.crestboz.co.jp/techblog/archives/126/ ]

 

スクリーンキャプチャを「Print」キーおよび「Print + Alt」キーに割り当てる

Ubuntu 18.04 からはスクリーンショットを撮るとピクチャフォルダ(Picture)にファイルダンプされてしまう。
そこで、設定 > キーボードより、次のように gnome-screenshot に -c を指定してやる。(下図は xfce 切り替え後の設定画面である)
f:id:dnkrnka:20180520011737p:plain
おそらく設定ファイルは $HOME/.config/dconf/user や /var/lib/snapd/desktop/dconf/profile/user であり、dconf-editor を使って編集してやる必要がある。

% sudo apt-get install -y dconf-editor
% dconf-editor &

 

ログイン時に「gnome-initial-setup」を表示しないようにする

  • Ubuntu 18.04 で動作確認済
  • ログイン時に表示される右図の画面のこと。

f:id:dnkrnka:20180508201446p:plain:w300:right

  • プロセス名は「gnome-initial-setup」である
  • 「gnome-initial-setup」の呼び出し元は /etc/xdg/autostart/gnome-initial-setup-first-login.desktop である

 
一度、セットアップしてしまえば「gnome-initial-setup」は起動しないのかも知れないが、面倒なので以下のように unless-exists を if-exists として真偽判定を逆転させることで起動しないようにする
 

/etc/xdg/autostart/gnome-initial-setup-first-login.desktop

#AutostartCondition=unless-exists gnome-initial-setup-done
AutostartCondition=if-exists gnome-initial-setup-done
略

 

gnome-terminal の起動設定

画面サイズ(横110、縦48)と位置(左上からの位置)を指定して起動させる *1

% gnome-terminal --geometry=110x48+600+0

 
fish シェルで gnome-terminal を起動させる

% gnome-terminal --geometry=110x48+600+0 -e "sh -c 'exec fish'"

 
gnome-terminal を最大化して起動させる

% gnome-terminal --maximize

 

GUI ログイン時に自動で gnome-terminal を fish シェルで起動させる

参考にしたページはこちら
下記のように XDG_HOME/autostart/*.desktop を作成すればOK。
Windows でいう「スタートアップ」フォルダにショートカットを置いた状態と同じである。
$HOME/.config/autostart/gnome-terminal.desktop

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Test        
Comment=Test the terminal running a command inside it
Exec=gnome-terminal --geometry=110x48+600+0 -e "/bin/sh -c 'exec fish;$SHELL'"
Icon=utilities-terminal
Terminal=false
Type=Application
Categories=Application;

 

man の日本語化対応

  • Ubuntu 11.04、18.04 で確認済
% sudo apt-get install manpages-ja manpages-ja-dev

英語で見たい場合は「man -L C コマンド」とすること。
  

固定IPアドレスを割り当てる

  • Ubuntu 11.04 で確認済。
  • 「192.168.246.175」を固定IPとする。(IPv6は使わない)

 
まずは初期状態。

% sudo vim /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

 
これを次のようにする。

% sudo vim /etc/network/interfaces
#-------------------------
# IPv4 設定
#-------------------------
auto eth0
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.246.175
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.246.1

 
ネットワークを再起動させる

% sudo /etc/init.d/networking restart

 
補足. IPv6 が有効な場合は以下になると思われる。(試していない)

% sudo vim /etc/network/interfaces
#-------------------------
# IPv6 設定
#-------------------------
auto eth0
##iface eth0 inet6 dhcp
iface eth0 inet6 static
address fe80::20c:29ff:feea:8a7a
netmask 64
address fe80::20c:29ff:feea:1

 

aliasおよびターミナルの色設定

$HOME/.bashrc に以下を追記する

alias l='ls -ltrA'
alias grpe='grep'
alias p='pwd'
export PATH=${PATH}:/opt/android-studio/bin/
export LS_COLORS='fi=00;32:di=00;37'

 

sudoをパスワードなしで使う

  • Ubuntu 11.04、18.04 で確認済

nekoアカウントの場合、次の 1、2 を行う。
なお、visudo で開いたファイルの行頭 # で始まる行はコメントでは無いので編集しないこと!

1. sudo visudo を実行する
2. 「#includedir /etc/sudoers.d」の直後に「neko ALL=NOPASSWD: ALL」の一行を追加する

% sudo visudo 
#
# This file MUST be edited with the 'visudo' command as root.
#
# Please consider adding local content in /etc/sudoers.d/ instead of
# directly modifying this file.
#
# See the man page for details on how to write a sudoers file.
#
Defaults        env_reset
Defaults        mail_badpass
Defaults        secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/snap/bin"

# Host alias specification

# User alias specification

# Cmnd alias specification

# User privilege specification
root    ALL=(ALL:ALL) ALL

# Members of the admin group may gain root privileges
%admin ALL=(ALL) ALL

# Allow members of group sudo to execute any command
%sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL

# See sudoers(5) for more information on "#include" directives:

#includedir /etc/sudoers.d
neko    ALL=NOPASSWD: ALL

 

デスクトップ画面からrootでログインする

Ubuntu 17.04 で動作確認済。
以下の内容で /etc/lightdm/lightdm.conf を作れば、起動時にユーザ名を入力して root でのログインも可能になる。
まずは、su root を許可する。

% sudo passwd root
[sudo] password for <user名>        # 現在のユーザのパスワードを入力
Enter new UNIX password:            # 設定したい root のパスワードを入力
Retype new UNIX password:           # 再入力
passwd: password updated successfully
[SeatDefaults]
greeter-show-manual-login=true

 

Windowsサーバの共有フォルダにアクセスする

Windowsサーバの IPアドレスを 192.168.1.1 とした場合。

% sudo apt-get install cifs-utils
% mkdir /mnt/win
% sudo mount -t cifs "//192.168.1.1/path/to/server/share/directory" /mnt/win -o user=アカウント,password=パスワード,domain=ドメイン
マウントが不要になったらアンマウントをすること
% sudo umount /mnt/win

 

Git の導入

Apache のインストール・セットアップ

こちらを参照
 

Git のインストールと各種設定

具体的な手順については、下記ページを参照。
Git のインストール〜初期設定
 

Gitリポジトリを作成する

作業データの管理用として、Linux 環境上に Git リモートリポジトリを作成しておく。*2
なお、本手順を始める前にGit のインストール〜初期設定を済ませておくこと。
詳細は下記ページを参照。
 

*1:位置は xwininfo で確認できる

*2:ローカルリポジトリではなくリモートリポジトリとする理由は、Git の練習も兼ねてである。