【Linux】【nvim】プラグイン追加 - alice.vim【SW】

Neovim に対して、URLエンコードをかけるプラグインを追加する
 
本ページは Neovim のプラグイン導入のつづきである

  • Ubuntu 18.04 環境の nvim 、 nvim-qt で確認済。
  • $HOME/.config/nvim/userautoload/plugins/ 以下の私独自設定のファイルを読み込むようにしている。

Vimテクニックバイブル?作業効率をカイゼンする150の技 の本より。
 

  

URLエンコーディングプラグインのインストールおよびセットアップ

 

1. alice.vim と vim-funlib プラグインをインストールする。

(dein を導入済みであるものとして) 以下を書いてnvim を起動させればインストールされる。

$HOME/.config/nvim/init.vim

  call dein#add('koron/chalice')
  call dein#add('ynkdir/vim-funlib')   

中略

if filereadable(expand($HOME/.config/nvim/userautoload/plugins/plugin_url_encoding.vim))
    source $HOME/.config/nvim/userautoload/plugins/plugin_url_encoding.vim
endif

 

2. $HOME/.config/nvim/userautoload/plugins/plugin_url_encoding.vim を作成する

Spaceキー押下直後に / とすることで関数内検索が開始するように定義する

<b>userautoload/plugins/plugin_seach_texobj_funcs.vim</b>
function! s:URLEncode()
    let l:line = getline('.')
    let l:encoded = AL_urlencode(l:line)
    call setline('.', l:encoded)
endfunction

function! s:URLDecode()
    let l:line = getline('.')
    let l:encoded = AL_urldecode(l:line)
    call setline('.', l:encoded)
endfunction

command! -nargs=0 -range URLEncode :<line1>,<line2>call <SID>URLEncode()
command! -nargs=0 -range URLDecode :<line1>,<line2>call <SID>URLDecode()