【Embed】ソフト屋による組込み機器のメモ

ソフト屋によるハードウェアに関するメモのページ。
本ページ中の図は 絵で見る組込みシステム入門 を転記している。

絵で見る組込みシステム入門

絵で見る組込みシステム入門

  • 作者: 組込みシステム技術協会エンベデッド技術者育成委員会
  • 出版社/メーカー: 電波新聞社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

タイマ・カウンタ

  • 直列接続したフリップフロップ(=1または0の1ビット情報を記録する回路)によるバイナリカウンタ(= 2進カウンタ)
  • カウント入力が入ると最前列の状態が反転し、かつ、2回に1回ごとにパルスを出力する
  • 出力されたパルスは後段の入力パルスとなる
  • これにより、1/2 , 1/4 , 1/8 , 1/16 という分周出力が取り出せる

f:id:dnkrnka:20180708204114j:plain:w500
 

アナログとデジタル

f:id:dnkrnka:20180708204124j:plain:w500
 

D/A

f:id:dnkrnka:20180708204128j:plain:w500
 

バス

  • アドレスバス、コントロールバス、データバス

f:id:dnkrnka:20180708204131j:plain:w500
 

シリアル入出力

  • 1本の線で1ビットずつデータを送受信する。
  • バスを複数用意するとコストが掛るので、レジスタ内の並列データを直列に並べて送る。パラ・シリ変換。
  • 送信側がシリアライザ、受信側はデシリアライザである。

f:id:dnkrnka:20180708223357j:plain:w500
 

パラレル入出力

  • 複数ポートをグループとして扱える。
  • 各ポート(端子)に対して、個々のビット単位でセット・リセットができる
  • 各ポート(端子)を入力・出力の両方として扱える。

f:id:dnkrnka:20180708223343j:plain:w500
 

MPUへの入出力動作

命令によるポート指定

入力命令で入力ポート、出力命令で出力ポート
f:id:dnkrnka:20180708223349j:plain:w500
 

メモリマップトI/O

f:id:dnkrnka:20180708223344j:plain:w500
 

割り込みコントローラ

  • マスクレジスタ、優先レベル設定レジスタによるフィルタリング

f:id:dnkrnka:20180708204137j:plain:w500
 

システムLSI

プリント基板ボード上で MPU, ROM, I/Oポートを配線していたが、1つのLSIに取り込むこと= SoC が可能になった。
f:id:dnkrnka:20180708204141j:plain:w500

シングルチップマイコン

汎用的なデバイス構成だが、最終的に ROM を書き込めばシステム専用のデバイスとなるマイコン。
f:id:dnkrnka:20180708225030j:plain:w500]
f:id:dnkrnka:20180708215337j:plain:w500
 

ASIC

特定用途向け IC のことであり、デバイス構成の時点でシステム専用となっている。
f:id:dnkrnka:20180708204118j:plain
 

ゲートアレイ

f:id:dnkrnka:20180708204104j:plain:w500
 

セルベースLSI

f:id:dnkrnka:20180708204056j:plain:w500