【C#】【vs2017】Windows10 に Visual Studio 2017 Community を構築し使用する

Windows10 に Visual Studio 2017 Community を構築し使用する
 
Windows10 に C# 開発環境として、Visual Studio 2017 Community を構築し使用する。
Unix/Linux 系開発がほとんどであったこともあり、Visual Studio の使い方が分からないのでメモを残す。

 

インストール

Visual Studio 2017 Community のインストール

GUI アプリを作るために Visual C# を使う。
そのために (個人向けであれば) Visual Studio 2017 Community をインストールする。

> choco install -y visualstudio2017community

 

各種コンポーネントをインストールする

Winキー > Visual Studio Installer より、下図の通り 3つにチェックを入れて*1インストールする。
f:id:dnkrnka:20180922193639p:plain
 
 

実行

Visual Studio 2017 Community の実行

参考サイト より、WPF で進める方が良いとのことなので以下の通り進める。

1. 新規プロジェクトの選択

ファイル > 新規作成 > プロジェクト  と進み、以下のように WPF アプリを選択する。
f:id:dnkrnka:20180922201521p:plain
 

2. MainWindows.xaml というタブをクリックして、左ペインに「ツールボックス」を表示させる

f:id:dnkrnka:20180922202332p:plain
 

3. 実装する

ボタンの装飾
参考サイト より、ボタンを配置して装飾し、イベントハンドラを登録すれば良い模様。
詳細は 参考サイト を参照。
 
イベントハンドラの登録
作成したボタンをダブルクリックして C# コードを開く。
ボタンの属性は下図中央下であり、「button_Click」が本ボタンに割り当てされたイベントハンドラである。
f:id:dnkrnka:20180922203735p:plain
 
button_Click に対応するコードが以下である。
f:id:dnkrnka:20180922204450p:plain

MainWindow.xaml.cs の button_Click にメッセージを表示する処理を追加する。参考サイト参照
 

ビルドと実行

ビルドは「F5」キー押下、もしくは「開始」ボタンを押下する。
 
 

ショートカット

ビルド Ctrl - Shift - B
ビルド&デバッグ開始 F5
ブレイクポイント設定 F9
デバッグ停止 Shift - F5

*1:しかし 16.34GB も喰うとは