【レビュ】【書評】Vimテクニックバイブル 〜 作業効率を改善する150の技

お世話になった「Vimテクニックバイブル 〜 作業効率を改善する150の技」に対する書評のページです。
私の Vim スキルも載せていますので、ご参考にしてください。

Vimテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする150の技

Vimテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする150の技

読了状況

  • 書籍で紹介されているテクニックが大変役立ち、何度も読み返した。

  

書評

個人的に良かった点

  • Vim 好きであれば買わないと損。
    • プラグインを入れないと開発効率に大きく差が出る。
  • 電子書籍で買うのであれば、安くなくても PDF 版が良いと思った (設定をコピ&ペーストできる)
    • 私は紙媒体だったため、重い本を持ち運びした
  • 本書を買うまではプラグインは使っていなかったが、本書を買ったことでプラグインを使うようになった
    • プラグインを使っていなかったことを大変後悔した
      • 今では、Howm の TODO は欠かせなくなった
      • unite.vim (denite.vim) も、autocomplete 欠かせなくなった
      • Thumnail も欠かせなくなった *1
      • とにかくこんなにノウハウが載っていて、こんなに安くて良いのかと思ってしまった*2
      • 「プラグイン独自の操作なんて他のマシンだと使えないから意味が無い」という考えは間違いであった
  • Unite の便利さを知り、Denite に移行した
    • Unite.vim の便利さを知り、Emacs にも Anything を入れるようになった*3
  • 素の Vim の機能の操作を無理して覚えるくらいなら、プラグインを使う方がずっと効率的だと思い知らされた
    • EasyMotion や、GLOBAL との連携、VimFiler、Unite の履歴情報、YankRing*4 など

 

個人的に残念だった点

  • 無理矢理挙げるのであれば、最新のプラグインに (リアルタイムに) 追従できないことくらい

 

購入時の情報

購入時期

  • 2015年中旬頃

書籍の媒体と版

 

私の Vim スキル

  • Vim 使用歴は 10年以上
    • Windows, Linux 共に書きものをする際は Vim を使う
    • Linux 環境で見みものをしたり、コマンドライン(シェル)を使う場合は Emacs を使用している
  • Vim スクリプトは書けませんし、読めません
    • ただし、本書のおかげでプラグインを多数入れて使用するようになりました
    • 何とかキーバインド設定もできるようになりました
    • Linux 環境では Qt 版の NeoVim を使うようになりました

*1:書籍には載っていなかったと思うが

*2:プログラミング言語の入門書のボッタクリ度合いも知れてしまう...

*3:Emacs の使用歴も10年以上あり、普段はシェルモードを好む

*4:これも書籍には無いはず