【レビュ】【書評】みんなのPython 第4版

お世話になった「みんなのPython 第4版」に対する書評のページです。
購入前の私の Python 習熟度も記しているので参考にしてください。

みんなのPython 第4版

みんなのPython 第4版

読了状況

何度か読み直しをしており、読了に要した時間は以下の通り

  • 1回目
    • 所要時間
      • 約5時間。
    • ただし、目を通したのみで、実際にプログラミングはしていない。
    • 「辞書」「リスト」「set」「タプル」の概念の理解を中心に目を通した
  • 2回目
    • 所要時間
      • 約25時間
    • プログラミングしつつ、読み込み中。
      • 書籍の6割方はプログラミングできた状態で10章辺りまで読んだ。*1
      • JupyterNotebook は使っていない
      • 対話型 Python の機能は使っていない
    • 職場でも時々本書を見る。一度、目を通しているので Web から該当情報を探すよりも速い。

  

書評

個人的に良かった点

  • C、C++ を10年以上使っておりポインタの概念を理解しているので、Python で出てくるリスト、辞書、Set、タプルの概念の理解で困ることは無かった。
  • クラスの特殊メソッドの説明は簡単に述べているのみで、書籍の読者のレベルを超えないように配慮されている。
    • 業務の Python のコードを読み解く・変更するレベルには持っていけると思う。
    • (Python の習得途中だが) 業務の Python コードのレベルは低くないと思う。
      • 実際、Web 上に情報が少ないライブラリについて、高度な使い方が多数見られる
    • 2回目の読み込み中でプログラミングしつつだが、業務で使用している Python プログラムを理解できるレベルになってきた。
    • Qiita など技術ブログを見ても Python の習得はできていたと思うが、本書籍は体系だっており知識の習得や整理の時間節約ができた。
    • 体系立てて説明が進む点は Web 上の技術ブログには無い、書籍の強みかと思う。
  • 書籍は全450ページほどだが、約 1/5 (100ページ近く) は Jupyter Notebook や Anaconda、NumPy の使い方に割かれているので、実質、文法のみの分量は少ないので読了までの時間は少なくて済む
  • Jupyter Notebook は業務で使用するので紹介されているので良かった。学習時に Jupyter Notebook は使用していないが、後で読み返してみたい。

 

個人的に残念だった点

  • 紹介されているサンプルプログラムの題材がアニメのキャラ?や戦車名、都道府県の人口・県庁所在地などであり、実践とはかけ離れていたのでプログラミング意欲が削がれる
    • ただし、実際に PC でプログラミングすれば理解が深まるので、アニメや戦車などのことは割り切ってプログラミングするのが◎。
  • Jupyter Notebook を使った対話型によるプログラミングを想定した作りになっているが、個人的にはコマンドラインからの実行形式の方が良かった。

 
 

購入時の情報

購入時期

  • 2018年4月

書籍の媒体と版

  • 2018年1月30日 初版第5刷

購入前の Python 習熟度

  • 業務での Pythonプログラム作成の経験無し
    • リスト、辞書、set、タプルに関する知識なし
    • インデントが文法になることくらいは知っていた
    • Web の情報から見様見マネで以下の処理はできるが、独自変更をすることができない
      • CSV ファイルの操作
      • Excel の操作
      • Webスクレイピング
      • XMLパース処理
      • YAML の読み出し
  • 本書以外の書籍は読んでいない

購入のきっかけ

  • 業務で Python が必要になったため
  • Web 上の情報だけでも Python の習得はできると思っていたが、情報が散在していて習得までの時間(コスト)が高くつくと判断して、書籍を購入した。

他プログラミング言語の習熟度

  • C, C++, シェルスクリプト は業務で十分に使える状態(10年選手以上)
  • C, C++ のポインタの概念は理解しているので、Python で出てくる変更不可のデータなどの理解にはつまづかない

 

*1:具体的には purple_dict.py 〜 raise.py までの33個である。