Linux-strace

【Linux】ログファイル syscall.log by 「strace による軽量 expect の実装 (2)」

以下、strace による軽量 expect の実装 (2)に記した syscall.log の全文である。 1 4219 execve("./sample.exp", ["./sample.exp"], [/* 31 vars */]) = 0 2 4219 brk(0) = 0x8e93000 3 4219 access("/etc/ld.so.nohwcap", F_OK) = -1 ENOENT (No such file…

【Linux】strace による軽量 expect の実装 (2)

前回のつづき。下記の入力を促すプログラムを Expect で実行したときの strace の結果を syscall.log に書き出す。 % strace -o syscall.log -f ./sample.exp syscall.log の中身は以下の通り。ログの全文はこちらを参照。 1~2行目。コマンドラインで実行し…

【Linux】strace によるリバースエンジニアリングをしてみる

strace 実行例 strace を使ってリバースエンジニアリングをしてみる strace による軽量 expect の実装 (1) strace による軽量 expect の実装 (2)

【Linux】strace による軽量 expect の実装 (1)

Linux 環境での開発者はおなじみのシステムコールを追跡する strace コマンドを使って、 対話型コマンドである Expect のシステムコールを追い、 Tcl/Tk を外した部分の実装(リバースエンジニアリング)を C言語で試みる。開発する目的としては Expect(とTcl/…